何よりもお友達と会話を弾ませることが好きなおばあちゃま達が、麻雀教室にはまっていると聞きました。健康麻雀などと言って、金銭をかけることはせず、また、お酒は飲まないで、タバコも吸わないというような人たちが、麻雀を楽しむことを「健康麻雀」などというそうです。彼女たちは、勝ち負けにはこだわらず、ゲームを楽しむことに、専念することで、健康麻雀を生きがいにしているなどとも語っています。何よりもおしゃべりが、楽しいなどというおばあちゃま達は麻雀を楽しみながら、その合間にも世間話を楽しんでいらっしゃるそうです。長い方ですと、10年以上通ってらっしゃる方もいらっしゃるそうですが、麻雀は、運によってツキが回ることもあるし、そうでない時もあることを楽しむことが、何よりも重要だなどとも語っているようです。それは、人生における知恵でもあるのかもしれませんね。どんな局面に対面したとしても、冷静で、またいつもの自分でいられる平常心が、大切であるなどと語られているような雰囲気もありました。何よりも居場所があって、出かける場所があるということが、本当に楽しみでならないのだそうです。なんだか、寂しいなと感じた時でも、麻雀教室に行けば、みんなに会えるというような安心感や、楽しみが、何とも毎日を充実して過ごせているのだそうです。生きがいを持てるということは、いくつの年齢になっても、大変重要なことで、幸福である、幸せであるというような気持ちひとつで、人生は豊かになるのだと彼女たちは教えてくれました。

「Vrecekオムニバス」サイトTOPへ